FC2ブログ
 今年も土日に24時間TVがあって、みながら涙がでてくる私がいました。この番組をものすごく楽しみにしているわけではないのに、ついみてしまって命の重さや人と人とのつながりに、心にジーンとくるものを感じます。
 スペシャルドラマは、「メチャよかった」ですね。自分より先に逝ってしまう子ども・・・でもその子の残してくれたものの大きさ・・・親子や人間って何なんだろうと、自分の人生と重ね合わせてしまいます。
 「サライ」は24時間TVのテーマソングで、毎年聴かないと秋が来ない感じがします。歌詞を公募し、加山さんが曲をつくり谷村さんが代表として歌詞をチョイスし、出来上がったことを思い出します。
 カラオケでもときどき「サライ」を歌いたくなり歌ちゃうのですが、相手がいなくて一人で歌うときはとても疲れます。長くて繰り返しが多くて、この曲を歌うと1曲で十分というか「もう次の歌はいいや!」となります。
 「サライ」は「宿」という意味のようで、曲は「心のふるさと」を表しているそうです。もちろん大好きな曲ですが、1番の歌詞で「別れより悲しみより憧れは強く、淋しさと背中合わせの一人きりの旅立ち」には、グッときてしまいました。
 家内がフィリピンから一人で、日本に来たこと。私のことを信じて、愛して、ふるさとや父母に別れを告げて嫁いでくれたことに、感謝感謝です。私にも言えないつらさや淋しさを、たくさん感じたことでしょう。毎年里帰りをさせてあげたかったのですが、1回分のボーナスが完全にとんじゃうとなれば、厳しいですよね。家内は「来年でいいから」といって、まあ何とか2年に1回は家族全員でフィリピンに行きました。子どもたちも「行きたい!」といって、子ども2人を連れて…3人になり…4人…5人(7人家族で)と、楽しかったです。
 「サライ」の3番の歌詞で、「若き日の父と母に囲まれてすぎた、穏やかな日々の暮らしをなぞりながら生きる」とありますが、子どもが大きくなった今、この部分はなんか泣けちゃいます。
 「父さんと母さんが若かった頃、幼かった君たちと真剣に向き合って、たくさん遊んで、思いでもいっぱい作って・・・」なんて、子どもには言いませんが、そんな思いが今でもあふれています。親に感謝する必要はないと思います。だって、それが親の喜びであり、自分の幸せだったから・・・でも、どこかで父母が若かった頃本当に私たちのことを思い、幸せな時間をすごせたと思い出してくれたら、親としてこれ以上の喜びはありません。
 というわけで、「サライ」はすごいということ。「1番の歌詞がすごい!」と思ってから「3番の歌詞が深い!」と思うまで、数年ありましたから、もう少し歳をとったらさらにすごいことに気づくかもしれません。
 加山・谷村コンビは「星の旅人」もすごいのですが、この「サライ」も人生の宝物です。
 
スポンサーサイト




 昨日の午後11時30分頃、無事我が家に着きました。でも、TVをつけると、マニラでのバスジャックの報道。「えー!うそでしょう?」とまず最初に思ってしまいました。さらに、尊い生命が犠牲になったということで、本当に胸が痛みました。
 マニラ空港には、12時頃到着しましたが、まさかバスジャックがあったとは知りませんでした。リサール公園とは、ちょうど反対側から空港に行ったため、渋滞もなく事件の情報もありませんでした。なにか、とても痛ましい事件で、アキノ氏暗殺の頃を思い出しました。
 海外から観光でフィリピンを訪れて、命をおとしてしまうということは、とても他人事とは思えません。亡くなった方の、ご冥福を心からお祈りします。
 さて、フィリピンは暑かったですが、日本の暑さはさらにひどいと感じました。日本は、酷暑というか異常というか、みんなヘンだと感じていると思います。このままだと、映画のように、日本が沈没したり世界が崩壊したりなどという世紀末思想が起こりそうでこわいですよね。
 つい、フィリピンから話しが変わってしまいましたが、私はチョウ暇な時間を堪能しました。人間、何もすることがない時間・・・ジョージ秋山先生の「はぐれ雲」のように、「ただ空を見つめたいた!」なんて世界、意外と楽しいものです。
 もちろん、日本人には「することがなくて、疲れる!」というのが本音だったりします。でも、自然の素晴らしさに感謝しながら、悠久の中の自分を見つめるのも悪くはないですよね。

 明日から、家内と一緒に4泊5日でフィリピンに行ってきます。家内にとっては、「帰ってきます」となります。朝4時に起きて、5時前には車で出発。成田の近くのパーキングに車を預け、そこからパーキングの車で空港まで送ってもらいます。
 パーキングもたくさんあり、微妙に金額は違いますが、あまり大差はないと思います。キャンペーン期間や時期によって数日停めて1,000円ほど違うかもしれませんが、まあいきつけのところがいいですよね。
 そういえば、以前日航ホテルに泊まって車を置いていったことがありましたが、ここは2週間は駐車無料なので、安く泊まれればお得かもしれません。私たちも、家族で一泊朝食付で激安だったので、「これはいい!」と思ったのですが、結局夕食代がメチャ高くつきましたね。
 フィリピンに行くのも、30回ほどになるでしょうか。この時期にはいつも感じるのですが、日本人の高齢の方がかなりいて、切なくなります。フィリピンでは、日本兵が数十万人も亡くなっています。遺骨や形見が、親元に届かなかった人がほとんどでしょう。親は幾つになっても、子どものそばに行きたいと思うもの。もし、フィリピンの地で命を絶ったのであれば、私でも生きている限りは、毎年訪れたいと思うでしょう。
 フィリピンは、現地独特の雰囲気と、アメリカの香り、そして日本の空気がミックスされています。コレヒドールやモンテンルパなど、日本人にとって忘れられない場所もあります。
 そんなフィリピンにいること自体が、悠久や歴史の中に自分を立たせてくれます。第2次世界大戦で、一番つらかったのは現地の人でしょう。でも、今は日本人や日本に対する理解も示してくれています。
 長々と書いてしまいましたが、フィリピンに行くことは自分や日本、ボーダレスの国際社会を考えることにもなります。・・・と、硬い話ですいませんでした。明日は、超早起きです!!
 





 今日は、のんびりとした一日。午前中に「買出し」をして、家で昼食を食べたあと、暑いときの定番ということでパチっていました。
 実は、19日から23日まで休暇をとって、家内と一緒にフィリピンへ・・・これが、今年の私の夏休み。再就職したときに、今年の夏は家内の実家に里帰りという約束で、2ヶ月前にはもう航空券も購入済み。
 ということで、今日は「買い物」ではなく「買出し」という感じでした。フィリピンでも、日本の食べ物は大きなスーパーで売っているのですが、とりあえず食べるもの・おつまみは買ってしまいます。家内も、持っていくものをメモって、しっかり買っていました。私の好みで買ったものの一例は、無洗米2kg・冷凍枝豆2袋・インスタントラーメン・パックのカレー・即席味噌汁などです。
 私は、申し訳ないのですがフィリピンのお米は、苦手です。若い世代の方は知らないかもしれませんが、以前「米騒動」ということで、日本のお米が足りなくなり、タイ米を輸入するということがありました。日本米とタイ米を、抱き合わせでなければ売ってくれない!なんてこともありました。結局、タイ米は日本人には大不評だったのですが、フィリピンのお米もタイ米とほとんど同じです。
 フィリピンの食べ物では、ピザやスパゲッティーはOKです。それから、フルーツはメチャおいしいですね。バナナやマンゴなどは、日本に輸入されているものとまったく違います。ただ、ハロハロなどのスイーツはとても甘くて、苦手です。
 昨年6月に帰ってから、1年2ヶ月ぶり。結婚して27年なので、20回程度は家内や子どもと一緒にフィリピンに行きました。今年も子どもを連れて行きたかったのですが、「沖縄なら行くけど!」などと言われ、結局家内と2人。
 フィリピンでは、家内はいつも世を徹しておしゃべりをしていますが、私は超ヒマ人。でも、ゆったりとした時の流れに身を任せるのも、悪いことではないと思います。

 今日は、家内と一緒に「ベストキッド」&墓参り&買い物でした。「ベストキッド」の初回が9時30分で、15分前にはシネプレックス新座に着いたのですが、この作品だけ「混雑」の札がかかっていました。
 「やばい!」と思いながらも、前から5番目ほどの席で観ることができました。最終的に、あいていたのは1番前の席のみでした。
 もっとも、座席数も200チョット(たぶん)なので、座席数の多い作品との比較はできません。それでも、ほぼ満席の中で映画を観るのは、多くの人と同じ時間・空間を共有できるので嬉しいですね。
 「ベストキッド」にこれだけ多くの人が来るのは、きっと「定番」の良さが第一でしょうね。ストーリーも完全にわかっていて、いじめられっ子がカンフーを通して心身ともに成長する、そして最後は試合に勝っちゃうので、安心して観れます。
 だからこそ、定番の良さをどうやってさらによくみせようかという工夫が多々ありました。涙あり、笑いあり、カンフーのかっこよさや精神を堪能できました。往年の「寅さん」や「若大将」にも、通じるものがあります。
 それから、父親の立場で言えば、「息子と一緒に観たい!」という本音もでます。父親も、子どもも一緒に楽しめる作品です。実際に、父と息子あるいは家族連れもけっこういました。おそらく、「この夏、父と息子で観たい映画」のランキングがあれば、トップは固いと思います。
 また、年配の方で、お一人で観ている方もそれなりにいました。「ベストキッド」が好きなのか、ジャッキー・チャンのファンなのか、ウィル・スミスJR.が好きなのか・・・いずれにしても、さまざまな年代に受け入れられる作品ですよね。
 元気なジャッキーをスクリーンで観て、カッコイイシーンにしびれて、「小さな恋のメロディ」のような雰囲気も味わったり、とても楽しかったです。また、敵役のいわゆる悪い先生が原田泰造さんににていて、思わず笑っちゃいました。
 こういう作品は、けして映画賞で大賞など取れないのですが、私は大好きですね。

 今日は、家内と一緒に「ソルト」を観ました。かなり、おもしろかったです!!観客もそれなりにいて、アンジーのファン層の厚さを感じました。
 アンジーといえば「WANTED」はイマイチで、「チェンジリング」はよかったのですが、やはり「ミスター&ミセス・・・」まで、さかのぼっちゃいますね。今一番、アクションの似合う女優ですよね。
 この映画の予告編は、いやというほどみましたね。でもすごいのは、映画の前半部分だけで、予告をつくっていたこと。後半の部分は、一切予告編には出てきません。ですから、映画の前半はある程度予想はできたのですが、後半は緊張の連続でした。
 テンポも、すごくよかったです。私がストーリの展開を予想するより早く、物語は進行します。余計なものは極力カットし、観客に考えるスキを与えない映画です。
 画映画が公開中ということもあり、詳しい話しは「自分で観てね!」ということで、バラすわけにはいきません。勘のいい人だと、「もしかしたら」なんて途中で思うかもしれませんね。
 今年のアクション映画のなかでは、一番面白いと思いました。家内もそう言っていましたので、ペアで観ても楽しいと思います。
 スパイをテーマにした映画で、アメリカ・ロシア・北朝鮮の関係や二重スパイなど、けっこう疑心暗鬼状態。でも、素晴らしいアクション活劇をみせにみせてくれました。約100分ほどの映画でしたが、メチャ楽しめました。もし、パート2があるのなら、ソルトの子どもの頃の話しを知りたいです。
 今日はこの映画を観たおかげで、スカッとした1日でした。