FC2ブログ
 今日も、家内と一緒に映画でした。いつも行っている「シネプレックス新座」で、ポイント観賞。映画を6回観ると、ポイントが貯まって無料観賞ができます。そんなわけで、年間10数本はお金を払わず観ちゃうのです。
 「忍たま乱太郎」ですが、一言でいうと「面白かった!」です。監督も、加藤清史郎君以外のキャストも知らずに観たのですが、おどろきの連続でした。
 エンドロールでわかったのですが、監督はあの三池崇史さん。「妖怪大戦争」や「ゼブラーマン」など、映画の遊び心を熟知している監督で、「やっぱスゴイ!」と妙に納得でした。
 キャストは、乱太郎の両親に中村獅童、壇れいさん。そのほか、平幹二郎、中村玉緒、鹿賀丈史、杏、竹中直人、松方弘樹さんなど、メチャすごかったです。しかも、みなさんチョーまじめに楽しんで演じているのが伝わってきて、よかったです。
 乱太郎は、子どもにとってはスパーヒーローではないのですが、自分の身近にいて、自分と重ねることができる等身大の主人公だと思います。私の子も、「忍たま」が大好きでした・・・
 私は、子どもの頃「鉄腕アトム」のメロディーが流れると、胸が高鳴ったものです。とても不思議なのですが、父親になってから、子ども達が夢中になっているアニメの主題歌が流れると、心が躍るというか胸キュンになりました。ですから、劇場で家族連れが多かったことは納得ですし、親子で同じ映画を観て、時間と心を共有できることは最高だと思います。
 テーマ曲の「勇気100%」は、私にとっても子どもとの「心の絆」だと思っています。歌う人は変わり、アレンジが変わっても、やはりこの曲は、子どもが幼かった頃のことを思い出させてくれます。
 それにしても、これだけのキャストが、これだけやるのはすごいです。監督へのリスペクトと、子どもたちに伝えたい思いみたいなものが、感じられました。
 「忍たま」のいいところは、子ども時代のワンパクさを周りの大人が理解し、応援していること。思いやりや友情・・・たとえミスしても「たんこぶ」が一つ増えること。だから、長期にわたって、子どもだけでなく大人からも支持されているのでしょう。
 家内は「もう一度観たい!」と言っていましたが、私も同感でした。でも、この映画を観た子どもたちはどう感じたのでしょうか?
 あれだけのキャストが、メチャすごかったのですから、子どもにとっても感じることは多かったでしょう。夏休みの思い出かな・・・夜、子どもと風呂に一緒に入って、今日一緒に観た「忍たま」の話をする・・・すごくいいでしょう!
 子どもが小さい頃には、子育て自体に一生懸命で、子どもと一緒にすごすだけで精一杯です。でも、歳をとってみてわかるのですが、親にとって子どもと一緒にすごした時間は、かけがえのない宝物なのです。
 
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

 今日は、家内と一緒に「トランスフォーマー」の3D吹替版でした。通常は「夫婦50割」で一人1,000円なのですが、3Dということで1,400円です。もちろん、2Dで観れば1,000円ですが、やはり3Dにしました。
 今回は、3部作の完結編ということで、制作サイドもかなり気合が入っていました。私にとっても、前2作よりずっと楽しめました。これまでと違って、スピード感が数段アップしましたし、迫力のある映像を堪能することができました。
 私達の世代にとっては、忘れられないアポロ11号のことや、当時の米ソの宇宙競争をエピソードにしちゃうのは、つい納得してしまいます。それにしても、月にトランスフォーマーがたどり着いていたとは・・・
 戦闘シーンのCGは、「すごい!」の一言です。もしかしたら、パニック映画を観ているのではと思っちゃいました。確かにすごかったのですが、戦いの場面がチョット長かったですね。
 映画の上映時間を調べずに、観てしまったのが失敗でした。朝、ホットコーヒーを2杯、そしてアイスコーヒーまで飲んでしまいました。予告を入れると2時間50分ほどで、自分の勝手な予定より長かったわけです。席について2時間半ほどでトイレに行きたくなり、悔しかったのですがブレークタイムでした。
 そんなことはあったのですが、「映画を観た!」という実感はばっちりでした。でも、私はトランスフォーマーが生命体であるということには抵抗があり、どうしてもロボットとしてみてしまいます。まあ、世代的に仕方がないですよね。
 家内は、「ヒロインが可愛くなくて、前作の方がよかった!」と言っていました。私は、「結構可愛い!」と心の中では思っていたのですが、「そうだね」とつい話を合わせてしまいました。そうしたことで、今日も平和な時間がキープできてよかったと思う、私がいました。

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

 今日は、家内と一緒に「ハリーポッター」です。3Dの吹替版、もちろん『夫婦50割』で通常料金より400円プラスで観ました。
 私は、「ハリーポッター」のファンというわけではないのですが、結局すべての映画を観ました。あの可愛かった主人公が青年になり、最強の敵と戦うわけですが、「とにかく大団円でよかった!」でした。
 思えば、魔法学校でハチャメチャなことをしたり、超弱っちいハリーがいたりと、いろいろなパートの作品がありました。もちろん、大きなストーリーというか背景はいつも見え隠れしていました。
 今回、完結編を観て、これまでの作品をあらためて思い出しました。そして感じたのは、「なんか子育てに似ている」ということです。親の立場からみれば、幼くて親を頼りにする時期、友達ができてはめをはずす時期、社会性が育ち自分の生き方を考える時期・・・そんなことをつい考えちゃいました。10年にわたる大河映画で、振り返ればすべて楽しくて素晴らしい時間ですね。なんか、終わるのがとても惜しいです。
 ということで、映画の良し悪しよりも、こんなに長く続けてもらったことに感謝です。エピローグはやはりあの駅に戻り、新しい世代の新しい旅立ちということで、親から子へ、子から孫へ、果てなく続く冒険とファンタジーの世界は永遠です。
 なんか、映画の世界を超えて、人が生きる意味をあらためて考えたのでした。
 

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

[
 このところ、仕事や用事の関係で、まる2週間映画を観ることができませんでした。そこで、昨日から気合を入れて、今日は9時30分から3本立ての映画鑑賞。もちろん、家内と一緒です。
 昨夜は家内と一緒に検討し、観る映画を決めました。「ハリポタ」を観たいのは山々でしたが、公開が終了してしまうかもしれない映画を優先しました。そんなわけで、「小川の辺」「アンダルシア」「アイアムナンバー4」となりました。
 「小川の辺」は、久々に悠久の中にいる自分を感じることができました。武士の時代に、政治を批判することは殿様を批判すること。それでも、庶民のために自分の信じる道を選び、脱藩後に妻の兄が上意討ち。「あなたはその結末に涙する」なんて、予告でいっていましたが、私にとっても想定外のラストでした。まあ、涙は流しませんでしたが・・・映像も音楽も素晴らしくて、いい感じでした。
 「アンダルシア」は、家内の絶対的なリクエスト。私も、前作の「アマルフィー」が予想外によかった(失礼ですが)ので、期待しちゃいました。織田×伊藤コンビが、組織に刃向かいながらも信念を貫くのは、かっこよかったです。
 ただ、スケールが大きすぎたことと、海外ロケでメチャ派手なことができないギャップは感じました。たとえば、銃撃シーンや破壊シーンでも、ちょっと遠慮気味だったかな・・・という感じ。前作が、情緒的な味わいを強く感じたので、本作は違う形でよかったかもしれません。
 「アイアムナンバー4」は、予告編がかっこよかったので、「観よう」と思っていた作品。それなりに面白かったのですが、ロマンスの場面が多く親父世代には「そのあたりはもう少し短く」なんて感じちゃいました。それにしたも、ナンバー1~3が抹殺され、登場したのがナンバー4と6だけ。全員で9人(ナンバー9まで)なので、続編を計算しているのでしょう。
 ストリーをばらしちゃうのは失礼なので、なぜ戦うのかは映画かDVDでご覧いただきたいと思います。でも、なぜか「サイボーグ009」を思い出すのは、私だけではないと信じています。
 


 今日は、弁護士と一緒に告訴状を持って警察署に行きました。実はもう1月下旬のことですが、娘が中古車の購入でお金を全額振り込んだのですが、契約書の期日までに納車されませんでした。というわけで、解約・返金を伝えたのですが、相手は2~3日うちに返金するというようなことを繰り返し、まあ実行されず父親である私は怒り心頭。なんとか、相手をギャフンといわせたいとあいなりました。
 しかし、詐欺罪での告訴はたいへん難しいですね。欺もう行為を、こちらが証明しなければならないので、警察もあきらかに悪いやつだと言ってはくれても、告訴状の受理まではいたりません。それでも、いろいろ話を聞いてもらって、理解はしてもらい、あらためて娘を連れて行くことになりました。
 それにしても、詐欺というのは証明が難しいものだと思いました。もともと、いい出物があるという話に娘が乗ってしまい、手付金を払いました。その後、言葉巧みに納車のために現金を振り込めということで、計3回で約90万円、結局全額を振り込みました。よく考えると、新手の振り込め詐欺みたいなものです。
 結局、車を見ることもなく、もちろん納車の期日までに車体番号もわからない状態でした。何度電話しても、言い訳ばかりで、「フランチャイズで車の手配をしているが、今回は自分で払うことになったので、お金を借りて払うからもう少し待って!!」の繰り返し。まあ、ひどいものです。
 FAXで、返金の誓約書まで送ってきたのですが、もちろん履行はされません。でも、電話がつながること、返金の意思はあることで、犯罪かどうかは微妙なのです。なんか、開き直っちゃって、「払う意思はあるけど遅れているだけです」と言うと、何とかなっちゃうというか、知能犯としか思えません。
 そんなわけで、行方をくらましちゃう人だけでなく、口先だけで乗りきっちゃう詐欺的行為もあるんだということで、ご注意を!!また、未成年の場合は、親が同席の上、契約した方がいいよ・・・です。
 

 今日は、家内と一緒に武道館まで若大将のコンサートに行ってきました。夕飯を一緒に食べて(もちろんビールも)、今シャワーを浴びたところです。
 会場も超満員で、たくさんの人と同じ時間を共有・感動し、おじさんとしても盛り上がったので、その思いがさめぬうちにPCに向かっています。まず、オープニングは「海その愛」で、ゲスト全員と一緒に歌いました。東日本大震災のこともあり、海の歌は歌いにくいだろうと感じていました。やはり加山さんもそう思ったそうですが、現地の漁師の皆さんが「海が悪いわけではない」という言葉で、あらためて「海」をテーマにした歌を歌っていこうと思ったと話していました。私も、自然の恵みをたくさん受けている人間として、自然を敬い共存共栄していく必要性を再認識しました。
 第一部では、主にエレキを使った若大将メドレー。そのあとはゲストの秦基博さん、miwaさんとのコラボがあり、「夜空を仰いで」「旅人よ」「蒼い星屑」は聴き応えがありました。
 第二部では、ゲストの「ゆず」ではメチャ盛り上がりました。全員立ってのラジオ体操や、「ワン・ツー・スリー・若大将!」の掛け声で「夏色」を歌ったり、コラボの「お嫁においで」もよかったです。ここでこんなに盛り上がると、最後のゲストさだまさしさんはどうなるのだろうと心配しました。
 でも、それも杞憂でした。さすが、さださん。年の功というか、ライヴでのトークは抜群で、さらに盛り上がっちゃいました。コラボは、「僕の妹に」「ある日渚に」で、加山さんをリスペクトし続けるさださんならではの選曲でした。
 そのあと、加山さんとゲスト全員で歌う「座・ロンリーハーツ親父バンド」は会場も総立ち状態。やっぱり、みんなで歌える歌は超いいですね。
 今回のコンサートのテーマは、「ひとつになろう日本」ということで、被災地に対するエールやチャリティーの意識は強く感じました。加山さんやゆずが、被災地を訪れたときの話は、心にズシンときました。
 そういうテーマがあったので、加山さんが歌った「愛するときは今」や「絆」はとても印象に残りました。「愛するときは今」は、私も震災後けっこう口ずさんでいますし、カラオケにもありますよね。
 「絆」は、確か当時のNTTのCMソングで、重厚なメロディーと感動的な歌詞で、だいすきな曲です。ライブで聴いたのは初めてで、フルコーラスで歌ってくれて、「よかった」です。
 多彩なゲストで、笑いあり涙あり、充実した3時間を過ごしました。やっぱ、私達の世代は、若大将が元気じゃなければパワーが発揮できないのです。