FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2月1日から正社員になった私は、この会社で初めての給料明細をもらいました。2月はまだ終わっていないのですが、2月分として25日に振り込まれるそうです。前倒しでもらえるのは、嬉しいです。もっとも、公務員のときは半月前倒しで、その月の給料はきっちり働いたと仮定して、15日にもらっていました。
 今は金利が安いので、早めに支払っても会社にとってあまり損失はないと思います。でも、金利が高ければ、支払いを遅らした方が(例えば月末締めの翌月25日払いなど)利益は生まれますよね。あらためて、「いい会社」だと思ってしまいました。
 人間って不思議なもので、人間性にはまったく関係ないのですが、他人の収入とか資産はけっこう気になります。とくに、就職難のこの時代だとなお更ですよね。
 昨年後半は、時給800数十円×4時間の翌月10日払いだったので、1月6~7万円。どうしてもそれではやっていけず、蓄えが減っていくので、家内にも気を使い、自分の支出は抑えていました。
 今回、30数万円が給料として振り込まれるので、やっと家内にも面目が立ちました。それにしても、この歳で再就職し、それなりの報酬があることは「ラッキー」です。
 以前、映画の「東京ソナタ」を観て、リストラされた課長が必死に仕事を探す姿が思い出されます。結局、清掃の仕事に就いたのですが、以前とのギャップは天国と地獄でした。
 職を求めている方も、たくさんいると思います。「運」も左右すると思いますが、自分のできそうな資格はたくさん取っておいたほうがいいです。これからは、行政でやっていた業務を民間に請け負ってもらう時代です。おすすめの資格は、「社会福祉士」ですね。
 国家資格で、福祉のプロフェッショナルとなります。詳細は、インターネットで調べていただきたいと思いますが、最低2年くらいは勉強することになります。でも、公営の施設を任されるには、こうした資格をもった人がいることが条件になります。
 この資格でなくてもいいのですが、やはり「資格」は求職では、大きなウェイトを占めますよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。