FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は天気もイマイチで、家内と一緒に映画と買い物でした。本当は、先週観たかった「グリーン・ゾーン」に行きました。雨だったせいもあってか、家族で映画鑑賞だったり、ご夫婦だったりと結構人が多かったですね。「仮面ライダー…」は、混雑の札がかかっていました。私も、子どもが小さくて「これを観たい!」といえば、天候悪くて外で遊べないときは、一緒に映画だったと思います。
 「アリス」より評価の高い「グリーン・ゾーン」ですが、とても面白かったです。マット・デーモンは「インビクタス」以来でしたが、信念を持って行動する凛々しい青年ははまり役ですよね。
 また、考えさせられるところもとても多かったですね。「政治的な判断」や「大儀」って、一体なんだろうと思わされました。それから、イラクに対しての武力的侵攻も、なんか過去のことになっている自分に驚きました。当時は、フセイン政権で、メチャメチャな国であり、化学兵器もたくさん持っていて世界を脅かす「悪い国」というイメージでした。
 でも、それってもしかしたら、アメリカ政府や一部の高官によって作られた「世論だったかも?」なんて思ってしまいました。それにしても、アメリカの映画で当時の政府の批判をするような作品で、高い評価を得るというのは「すごい!」です。
 「歴史は繰り返す」ですから、こうした映画は絶対になくてはならないものだと思います。小難しいことを言ってしまいましたが、迫力あるシーンばかりで、理屈抜きに楽しめます。カメラワークも、ほとんど固定を使わず、ドキュメンタリーをみているような感じもしました。
 この映画とは直接関係ないのですが、つい沖縄の基地問題を考えてしまう自分がいました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。