FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日は、「ザ・ウォーカー」を観ました。結構、いろいろなものとリンクし、楽しめました。
 本当は昨日書く予定でしたが、午後から「地域子ども教室」の会議があり、その流れで飲み会になり書くことが不可能な状態になってしまいました。今日は今日で、中学校の資源回収があったり、町会の集まりがあったり、夜は中学校の「おやじの会」で飲んだり、それなりに忙しくてパソコンを開くのは今になった次第です。
 「地域子ども教室」のことは前にも書いたのですが、またあらためて近況を報告したいと思います。「おやじの会」についても、思い入れの強い会なので、機会があれば立上げのところからお知らせしたいと思います。でも、今日の「おやじの会」の飲み会には20数名参加で、市長も校長も忙しい中出席で盛り上がりました。でも、連日夜遅いと愛する家内も「そろそろ怒る」と肌で感じ、一次会のみの参加にとどめました。
 だらだら話しが長くなり、やっと「ザ・ウォーカー」になるのですが、主演がデンゼル・ワシントンと言うだけで、安心・安定があります。画質も、わざと渇いた感じを使っていました。最初は、「北斗の拳」を思い浮かべちゃいましたね。「人類は絶滅したかに見えたが・・・でも生きていた」なんて感じです。チェーンソーを持った悪役なんて、まさに「北斗の拳」でした。
 「本を西に運ぶ」ことにすべてをかける主人公でしたが、「この本を、未来の子どもたちのために!」ということで、納得です。そして、最後はサラ・コナーズを彷彿させてくれました。
 2時間あまり飽きなかったですが、メチャ感動ということでもなく、「良かったかな?」みたいな不思議な感じでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。