FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は休日出勤の代わりに休みだったので、家内と一緒に墓参りの後「アリエッティ」でした。学校の夏休みに入ると、けっこう混むことが予想される映画なので、夏休み前の「今日しかない」という感じでした。
 それでも、かなり人は入っていました。それなりの年齢のご夫婦も多く、「宮崎アニメおそるべし!」と思ってしまいました。 
 今回の作品も、とても綺麗で、叙情的で「納得」です。「地球は、自然は人間だけのものでなく、この世に生きとし生けるものすべてのためにある」というメッセージが伝わってきました。
 ちょっと前は、子どもと一緒に宮崎アニメを観たのですが、今は家内しか付き合ってくれる人がいません。子どもと一緒だと、観終わったあとにけっこう感想を言ってくれるので、子どもの思いやものの見方を知ることができました。「アリエッティ」も、子どもが観ると「どう思うんだろう?」なんて、つい考えちゃいます。
 私はとても贅沢なのか、宮崎アニメは常識を超えるもので、愛や優しさが両手ですくえないほどあふれちゃうような作品を期待してしまいます。この作品も「良い」ことに間違いはないのですが、なにか小さくまとまってしまった印象を受けました。でも、子どもの視線で観れば、もっと違う思いを抱いたことでしょう。
 大人になると、ピーターパンの船やトトロのように、子どもの頃大切にしていたものが見えなくなるのかも…なんて、あらためて思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。