FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日も暑い1日、連日の猛暑にはまいってしまいます。こんな暑い日は、やはり映画ですよね。ということで、家内と一緒に「インセプション」でした。
 けっこう前から予告編を流していて、私にとっては期待の作品。観客もそこそこの入りで、「夏休みは子ども向け映画だけじゃない!」という感じを受けました。
 作品は、他人の頭の中、夢の中に入り込んで、重要な機密を盗んだり、人の頭に刷り込みをしちゃおうというもの。まず、この発想がすごいですよね。
 これまでも「エルム街の悪無」などのホラー系映画では、人の夢に入り込んじゃうなんてことがありました。でも、今回は基本的にビジネスとしてのはなしです。目新しい発想と、斬新な画像はすごかったです。
 渡辺謙さんも好演で、日本人俳優が活躍してくれるのは嬉しいです。「ダレン・シャン」より、ずっと存在感がありました。
 それにしても、「夢の中の夢・そのまた夢」ということで、夢の三層構造のそれぞれの層でストーリーが展開されるというのは「なかなか」です。夢を設計することや、自分で創りあげた夢の世界など、なにか不思議な感じでした。
 そういえば中学3年生の頃でしたが、「自分が生きているのは夢の世界で、本当の自分は違う世界にいるんじゃないか」なんて思ったことがあります。なぜそんなふうに思ったのか、はっきりしませんが、確かにそう思いました。
 今回の映画でも、夢と現実のはざまや夢を現実(実は現実が夢なのですが)にしちゃうという世界が描かれています。なんか、結局善も悪もなかったと思うのですが・・・わからない部分も多々あり、今回は字幕版で見たので、もう一度吹替版で観たいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。