FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日は仕事だったので、今日は家内と一緒に映画の2本立てと、買い物でした。チケット売り場に人も、もう私の顔を覚えてくれていて、「夫婦50割ですね」と言ってくれるようになりました。
 アサイチで、「恋とニュースの作り方」を観ました。ここのところ重い映画が多かったので、家内ともこれを観ようということになっていました。定番ではありますが、安心して観れる、みんながハッピーになる映画も好きです。
 失業しても、頑張って次の仕事を成功させる、すると大手から好条件で誘われる、でも苦しいときに一緒にやってきた仲間の方をとる。そんな感じで、ハリソン・フォードも頑固なニュース・キャスター役を好演していました。
 「うまれる」は、2週間限定公開ということで、「恋と・・・」を観たあと10分後の開演で、「観るっきゃない」でした。新聞で絶賛していたドキュメンタリー映画で、かなり期待を持って観ました。
 ご夫婦や、子どもと一緒に観る人もいて、それなりに客席は埋まっていました。派手なアクションや、ものすごいCGがあるわけでもなく、素人が主人公なわけですが、それでもいろいろな人が「観たい!」と思って集まるのですから、「日本人も捨てたものじゃない」とつい思ってしまいました。
 母親に見捨てられた女の子が、ご主人と力を合わせ助産院で出産すること。18番目の染色体に異常があっても、出産を選び短い人生と覚悟しながら生きる夫婦。出産予定日に、お腹の中で赤ちゃんの心音が止まり、残念ながらこの世の光を知ることのできなかった赤ちゃんと父母。子どもがほしいと願っても、かなうことのなかったご夫婦。
 ドキュメンタリーなので、ほかの劇映画と比べるわけにはいきませんが、「よく作ってくれた!」という気持ちになりました。感動の涙というよりも、人間の本能的なものというか、もって生まれたものというか、自然に涙が流れてしまいました。とくに、分娩シーンは「がんばれ!」という思いとともに、妻にも子どもにもあらためて感謝でした。
 タイトルは、「生まれる」ではなくて「うまれる」です。映画を観て、タイトルをひらがなにした意味がわかりました。それから、なぜ胎児がお母さんのお腹に10ヶ月もいるのか・・・それもわかったような気がします。
 この映画は、幼児や小学校低学年児童にはつらかったかもしれません。でも、いつか「お母さんやお父さんとこの映画を観たんだ!」なんて思い出してくれるかも知れませんね。
 この映画を観るような人には、考えられないと思いますが、虐待や養育放棄など悲惨なニュースが流れると心が痛くなります。「赤ちゃんは、あなたたちご夫婦のことを選んでやってくるのですよ」と、言いたくなります。
 私も、「無」から新しい命が生まれるとは思っていません。むしろ、何かのエネルギーが宿ること、そして新しい絆が生まれることだと思います。解明されることのない「奇跡」ですよね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。